前回(2017年)各種セミナー

セミナー

定員になり次第受付終了。お早目にお申込み下さい!

セミナー会場MAP・一覧(PDF)はこちら
  • 総務・人事・経理ワールド 基調講演

    SJ-K

    7月27日(木) 10:30~12:00

    リクルート ITグローバルカンパニーへの変貌をリードする人事戦略

    (株)リクルートホールディングス 取締役 兼 専務執行役員
    池内 省五

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    この5年で急激なIT化、グローバル化を遂げてきたリクルート。こうした劇的な戦略転換を支える人材をいかにして獲得しているのか、また、世界中から優秀なエンジニアを集める戦略人事とはどのようなものなのか。多様な人材を抱えながらもリクルートらしい組織文化を醸成するための取組や次世代経営者育成において人事が担うべき役割とともに語る。

    <講師プロフィール>

    1988年(株)リクルート(現(株)リクルートホールディングス)に入社。
    入社後、スーパーコンピューター関連のプロジェクトに2年従事。経営企画部、人材広告事業部を経て、 1993年人事部に異動し、人事制度設計に携わる。2000年より、経営企画室にて、中長期成長戦略策定に携わるとともに、 新規事業開発とアジアを中心とした海外展開の推進に従事。 2005年より執行役員として経営企画及び人事を担当し、リクルートの海外事業拡大とR&Dにも貢献。2012年より取締役に就任。 2014年1月より2016年3月末まで、リクルートUSAの代表取締役として、ニューヨークに赴任。 2016年4月に取締役兼専務執行役員に就任し、経営企画および人事を担当。

    閉じる

    ガラパゴス化する日本の採用戦略~世界の常識、日本の非常識~ (仮題)

    (株)ビズリーチ 代表取締役社長
    南 壮一郎

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    創業ストーリーと世界から10年遅れていると言われている日本の採用市場の現状について、世界のリーダー約50人の一人としてロンドンの”The Future of Work Conference”にも登壇(2015年)した創業者の南が、自らの体験を元に語ります。

    <講師プロフィール>

    1999年、米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業後、モルガン・スタンレー証券に入社し、投資銀行部でM&Aアドバイザリー業務に従事。
    2004年、楽天イーグルスの創業メンバーとなり、チーム運営やスタジアム事業の立ち上げを行う。株式会社ビズリーチを創業し、2009年4月、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」を開設。 「HRテック(HR x Technology)」の領域で日本の採用市場を可視化し、新しい働き方を創造。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2014」選出。
    2015年12月、日経ビジネスが選ぶ「次世代を創る100人」選出。2016年12月、Forbes Japan「日本の起業家ランキング」4位受賞。

    閉じる
  • 省エネ・節電EXPO 特別講演

    ECO-S1
    省エネ政策と補助金活用

    7月27日(木) 15:00~16:30

    省エネルギー政策の現状と課題

    経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 省エネルギー課長補佐
    立石 裕則
    ※招待券から講師が変更になりました

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    経済産業省が2015年7月に策定した「長期エネルギー需給見通し」において、2030年度に最終エネルギー消費で原油換算5,030万kl程度の省エネを目指すとの目標を掲げている。その実現に向けて経済成長と両立する徹底した省エネを進めるため、省エネポテンシャルを深掘りする様々な施策についてお話しする。

    <講師プロフィール>

    平成17年4月 大臣官房総務課
    平成19年6月 経産省商務流通グループ消費経済政策課
    平成21年9月 内閣府消費者庁取引・物価対策課
    平成22年6月 経済産業政策局産業再生課課長補佐
    平成23年7月 2年間の人事院留学(米国)
    平成25年6月 通商政策局経済連携課課長補佐(TPP交渉担当)
    留学からの帰国直後、ちょうど日本が参加することとなったTPP交渉につき、日本交渉団の一人として各国での交渉会合を飛び回った。
    平成26年6月 資源エネルギー庁長官官房総合政策課需給政策室室長補佐
    平成27年6月 同課戦略企画室長補佐
    長期エネルギー需給見通しや発電コスト検証など、総合的なエネルギー政策の企画・立案に携わった。
    平成27年10月 首相官邸・河井克行内閣総理大臣補佐官の秘書官
    外交担当の首相補佐官に同行して、欧米諸国からアフリカ諸国に至るまで様々な国・地域を飛び回り、安倍総理・官邸外交の一翼を担った。
    平成29年6月 現職

    閉じる

    未来の省エネに向けて~補助金を活用した省エネ取組み事例~

    (一社)環境共創イニシアチブ 業務執行理事 事務局長
    髙橋 和道

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    環境共創イニシアチブは、エネルギー環境分野への支援策として、工場、住宅・ビル、設備等、幅広い分野で活用いただける補助金事業を執行してきました。講演では補助金を活用した事例を紹介するとともに、省エネ相談に役立つ窓口等にについてご説明します。

    <講師プロフィール>

    民間企業において原子力発電プラントの設計、建設、品質保証、開発等業務に30年間携わった後、2007年より、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)にてエネルギー対策推進事業(民生部門)を担当。
    2011年から、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)にて経済産業省資源エネルギー庁が実施する様々な省エネルギー施策事業の執行に従事し、2016年、業務執行理事、事務局長に就任。現在に至る。

    閉じる

    省エネ・節電EXPO 専門セミナー

    ECO-1
    東京都の省エネ対策と事例
    ※招待券には有料となっていますが本セミナーは無料です。
    ※講演終了時刻が変更となりました。

    7月26日(水) 10:30~11:30

    2030年・省エネ目標38%に挑む!東京都の取組 ~中小規模事業所向け支援策の紹介~

    東京都庁 環境局地球環境エネルギー部 中小規模事業所対策担当課長
    宮田 博之

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    東京都は世界一の環境先進都市を目指しており、「2030年までに2000年比で都内の温室効果ガスを30%削減」並びに「エネルギー消費量を38%削減」を発表した。この目標達成に向けて、グリーンビルディングを推進する施策と、中小規模事業所に対する支援事業等を紹介する。

    <講師プロフィール>

    8年間の民間企業の勤務を経て、東京都庁に奉職。東京都地球温暖化防止活動推進センター長、排出量取引担当課長などを経て2016年4月から現職。民間企業では、自動車部品メーカーの工場において生産技術、生産設備設計、施設管理等の「ものづくり全般」に係る業務に従事。
    入庁後、民間企業の現場経験を活かし、主として都内事業所の省エネルギー施策に従事。東京都が2010年から開始した「世界初となる都市型キャップ・アンド・トレード制度」の条例化、トップレベル事業所認定基準やオフセットクレジット等の規程整備を担当。

    閉じる

    ※日本トイザらス(株)の講演は講師のやむを得ぬ都合により、中止となりました。(2017年6月28日付)

    ECO-2
    省エネの最新事例

    7月28日(金) 13:00~14:30

    オフィス、工場、さまざまな拠点で成果を生む省エネ実践事例

    三菱電機(株) 環境推進本部 企画グループ 課長代理
    磯貝 吉男

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    省エネは環境負荷低減のみならず、コストダウンの観点から重要な経営課題と位置づけています。今回はオフィスを対象に、高効率な照明・空調機器と、光・風など自然エネルギーとの調和、エネルギー使用の測定・傾向分析と運用の工夫により生まれた省エネの成果を紹介します。

    <講師プロフィール>

    1990年 三菱電機(株)入社
    業務用通信機器のマーケティング、営業を担当
    2004年 環境部門で、環境コミュニケーション、生物多様性、環境監査、
    ISO14001の規格改定対応などを担当

    閉じる

    50%の省エネ・節電達成の秘訣! ~技術よりも進め方で成果に差が出る~

    (株)小松製作所 小山工場 生産技術部 担当部長(環境カウンセラー)
    野沢 定雄

    講演内容・詳細はこちら
    <講演内容>

    コマツは、2010年度比で電力半減を達成。ここでは、全員参加、外部事例の積極的導入、設備投資方法の工夫、組織の改善、さらには、生産のやり方そのものを変える生産改革、といった多面的な取組みの秘訣を紹介します。

    <講師プロフィール>

    1977年 東北大学 工学部卒 ㈱小松製作所入社(以降、生産技術部で、設備保全・省エネに従事)
    1990年 1年のアメリカ工場勤務後、小山工場 技術課長として生産設備や施設全般の管理を総括
    1997,98年 JICA/ポーランド国省エネルギー計画プロジェクトに参加(5業種中、機械工業を担当)
    1998年 小山工場に環境省エネグループを作り、グループ長として環境管理・エネルギー管理を総括。
    2006年 小山工場の担当部長と本社兼任主幹として、コマツグループ全体の省エネを総括
    2010年 平成21年度 省エネ大賞(人材部門)で、「経済産業大臣賞」受賞
    2000年~現在 県や関東全体の電気使用合理化表彰に関する現地調査など、50件以上を経験。
    (資格)環境カウンセラー、エネルギー診断プロフェッショナル、エネルギー管理士、ボイラータービン主任技術者、発電設備専門技術者
    (委員等)栃木県電気使用合理化委員会委員長、日本電気学会会員、(元)栃木県ESCO推進マスタープラン調査委員
    (講演歴)講演(省エネの進め方など)やセミナーなど、2000年以降 100件以上実施。

    閉じる
  • ※敬称略。セッションの録音、写真・ビデオ撮影などは一切禁止させていただきます。都合により講師、プログラムの内容が変更になる場合、およびテキスト配布の無い講演もございます。あらかじめご了承ください。セミナーに関するお問合せは sj-con@reedexpo.co.jp までどうぞ

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら

  • その他同時開催展セミナーはこちら